少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

少年野球の指導と練習方法

少年野球の指導※当サイト「少年野球指導練習方法【軟式少年野球】」このTOPは案内ページです。次の記事以降に最新の記事が入ります。良ければちょこちょこサイトに遊びに来てください。

■少年野球に挑戦するお子さんを持つお父さん、お母さんへ。少年野球の指導、練習方法、上達の秘訣、そして軟式少年野球のルールの情報をお届けします。

また、少年向けの軟式の野球用品、バット、クラブなど野球関連の情報を幅広くお届けできればと思っております。各カテゴリーに最新情報を追加していきます。一緒に少年野球を楽しみましょう!

私の息子は小学校の3年生の時に地元の少年野球チームに入団しました。入団後暫くして練習を覗きにいった時のことです。外野を守り、コーチからノックを受けていました。外野フライがくればバンザーイ!ゴロがくればトンネルでした。

こりゃー、駄目だ・・

そんな状態だったので、息子は少年野球チームの練習から帰って来るなり、「お父さん〜、野球教えて・・」と言ってきたのです。うちの息子は同学年の子に比べたら入団が遅かったので、「土日にちょっとキャッチボールなどくらいではレギュラーはなかなか獲れないな」とその時思いました。

そこで私は息子へ「お前、本当に野球が上手くなりたいか?」と聞きました。上手く成りたいなら「お父さんと朝1時間早くを来て毎日練習しよう!」と言いました。

息子は「うん!」と頷き、親子二人三脚で少年野球への挑戦がはじまりました。

何事も一足飛びに上達するものはありません。野球も勉強も同じです。イチロー選手のように毎日コツコツと練習を積み重ねるしかありません

私は「野球をどう指導しようか?」考えました。少年野球教室のDVDや本を見て練習方法を研究しました。そしてメニューを決め、基本を中心に毎朝、練習をしました。

もうじき朝練を始めてから3年になります。今年、息子は小学校の6年生になります。フライもゴロも捕れなかった息子は、少年野球チームのエースになりました。今年は背番号「1」を背負い、優勝目指して気合が入っています。そして毎日楽しく野球をしています。

3年間を振り返って思うのは、野球の練習を通して子供とコニュニケーションが取れてよかったと思います。もし少年野球がなければ会社の残業で疲れて帰って来て、朝はぎりぎりまで寝ていて会社に出勤するような生活のままでした。そのまま行けば、子供は中学に行き、自分の経験から言うと中学生になると親とは口を利こうとしません。「うざい・・」でお終いです。

そうなる前に、
・コツコツとやりぬくこと
・チームワークのこと
・積極性
・強さ
など人生に必要な色々なことを子供と話が出来ました

「たかが少年野球、されど少年野球」かもしれません。でも優勝目指して進む中、指導や練習を通しての色々な出来事がおきます。時には壁もあります。でも壁を乗り越えるたびに子供の親も成長します。

そして試合、子供達はプロ野球顔負けの名プレーを魅せてくれます。その魅力を引かれて優勝目指し子供と頑張っています。

このサイトで少年野球の魅力に浸っている方、浸ろうとしてい方といろいろ情報交換ができればと思いますまた野球経験のないお父さん、お母さんでも子供へ指導、コーチングができる様に、軟式野球の練習方法もお伝えします。息子と取り組んで来た経験や少年野球教室で教わった情報と含めてお届けできればと思っています。少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

バッティングの上達のコツ

巨人阿部選手のバッティングにアッパレ!

週末はプロ野球が開幕し、
巨人広島戦のゲームを楽しみました。

どこのファンというのはないのですが、
緊迫してゲームを見るのが好きです。

巨人広島戦のカードは面白かったですね。

1点を争う緊迫した場面ばかりで、
監督の采配に見所があったし、
選手の集中力と緊張感が伝わってきて感動しました。

さらに、
昨日の巨人の10回裏のノーアウト満塁の場面で、
阿部選手がサヨナラヒット打ち、
スカッとした気持ちを満喫しました。

阿部選手のスイング良いですね。

観ている方がスカッとします。

軸足がしっかりとしていて、
鋭くバットを振り抜きます。

ジャストミートをすると、
弾丸のようにボールが飛んでいきます。
本当にスカッとします。

バッティングはこうでなくちゃ♪

元近鉄&巨人&オリックスのタフィ・ローズ選手のバッティングフォームを
を思い出させる鋭いスイングに惚れてしまいます。

さすが、WBCでも4番を打った男です。

私が指導する少年野球チームでも、
鋭いスイングができるように、
阿部選手のバッティングを参考にするように言っています。

ポイントは軸足ですね。

阿部選手は、身体の軸がしっかりしていてぶれません。
その軸を中心に鋭い回転をしています。

ここは少年野球でも見習うできだと思います。

うちのチームの選手にも、
ぶれない軸足をつくり、
スイングの鋭さに磨きをかけるための練習をさせています。

今週の週末はチームの練習は、
ここをポイントにコーチングします。

いや、阿部選手のスイングは凄い〜♪

ボールを遠くに飛ばす軸足の作り方、股関節の使い方の指導は、
荻原流ジャストミートセオリーを参考にしています。

ogiwara011_270.jpg
↑元阪神タイガースの荻原誠さんが軸足の作り方を説明している様子

ぶれない軸足を作るにはポイントがあります。
それを知っているかどうかで、
スイングが全然違って来ますね。

レビュー書いています。
>>荻原流ジャストミートセオリー



バッティングの上達のコツ

少年野球チームの強豪の監督にバッティング指導のコツを教わりました。

久しぶりの更新になります。

本日、少年硬式野球チームの強豪として知られるクラブチームの監督と話をする機会がありました。

このチームの凄いところは、
チーム打率が4割を超え、
「猛打、ミサイル打線の○○○クラブ」と、
知られています。

「いったい、どんなバッティング指導しているのか?」
興味深々で色々と聞いてしまいました。

「ここだけの話だよ…」
と言われたので話づらいのですが、
少しだけ、そのチームのバッティング練習法について語ろうと思います。

色々と話を聞いて分かったことを言います。
「小学生がいかにして少年野球の試合でヒットを打つか?」
ということが徹底して考えられた練習方法をしています。

凄い!!

まず、野球を始めて時間の立たない少年野球の選手に、
「どう説明したら、ヒットを打つバッティング技術が伝わるか?」
そのことが考え抜かれています。

バッティングが上達する指導方法は、
どこも同じだと思います。

それを、どういう伝え方をするかが違うのですね。

1つ紹介します。

ヒットが打てない少年野球の選手が何ができていないか?

なんだと思いますか?

ボールを見ることができていないのです。

「よくボールを見なさい」
というコーチングをするので、
ピッチャーからボールが離れるまでは見ていますが、
それ以後はボールの残像を追ってしまっています。

見ようという意識が強すぎて、
かえって固まってしまいます。

見ようとするあまり、
身体が硬直して、
ボールを追いかけることができません。

だから、ボールの軌道をまったく違うところをスイングするのです。

ボールを途中までしか見れていません。

そういう選手をみたら、
ボール見る力を鍛える指導をすることです。

ここを抜かして、
打ち方を教えるから、
バッティングが上達しません。

具体的な練習方法として、
ボールに数字などを書いて、
それを見る練習をします。

バッターボックスに立たせ、
ピッチャーが投げたボールに書かれた数字を読み取る練習をさせます。

これでボールを見る力が飛躍的に高まります。
試してみてください。

我チームでも結果を出しています。

その上で、
基本に忠実はバッティング技術を教えると、
子供は飛躍的にバッティング能力を伸ばしていきます。

ここでのポイントは、
個性豊かではなく、
基本に忠実な打撃を教えることです。

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
はかなりいいですね。おすすめです。

小学生のバッティング能力を高めるのであれば、
大人では考えられない悪い癖を取り除き、
その上で基本を教えるのがポイントです。

チーム打率が4割、5割という猛打爆発のチームの監督の話は、
参考になりました。

有難うございました。

バッティングの上達のコツ

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト レビュー

7day_batting01_150.jpg■「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト レビュー

元西武ライオンズの大塚光二氏と垣内哲也氏のバッティング指導のDVDです。


公式ページ>>「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

このDVDの良いところは、バッティングの基本がしっかりと学べるところです。それと、バッティングが上達しないという7つの理由を徹底指導する内容が含まれますので、小学生にありがちな悪い癖を修正することができます。


スポーツは、とにかく基本が大切です。このブログでは、何度も何度も言いますが、基本を反復練習することが一番大切なことです。そうすれば、応用も自然と身についてしまいます。


「うちの子供にレギュラーを獲ってほしい!」「試合でヒットを打ってほしい!」という親心は誰にでもあります。私もそうです。


でも、子供に変わって自分が試合に出るわけもいきませんし、親ばかを出して子供を甘やかしても駄目です。親として何をするべきなのでしょうか?


親としてできることは、"反復練習を積み重ねることの大切さ"を教えることだと思います。父親としては、どうしても野球の技術を教えたいと思ってしまいます。


でも、それを二の次にし、基本を繰り返し学ぶということを教え、練習相手になってあげることです。これ以外に、少年野球の上達の道はありません。


このDVDには、バットの握り方から始まり、構え、スイング、タイミングのとり方などのバッティング基本と練習方法がよく分かります。上達の秘訣がぎゅっと詰まってします。


また、コース別のバッティングや変化球の対応法などの応用技術も参考になります。将来、中学生や高校生になっても生かせるノウハウも沢山入っています。


そして、小学生でありがちな悪い癖を7つピックアップし、その改善方法も分かりやすく解説しています。


<バッティングが上達しないという7つの理由>

1.肩に力が入りすぎる

2.ボールを引きつけて打てない

3.ステップしたときに体が開いてしまう

4.前に突っ込んでしまう

5.バットが下から出てしまう

6.ドアスイングになってしまう

7.バットがなかなか出てこない


素振りやティーバッティングの練習法も紹介されているので、親子でDVDを見て一緒に練習をしてみてください。確実にバッティングは向上しますし、飛距離もかなり伸びてくると思います!

詳細はこちら>>「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト



バッティングの上達のコツ

荻原流ジャストミートセオリー・レビュー

【荻原流ジャストミートセオリー・レビュー】
荻原流ジャストミートセオリー

詳細はこちら(公式サイト)
↓↓↓
荻原流ジャストミートセオリー

少年野球の試合、"我が子にヒットを打たせてあげたい!!"、
と思っていませんか?

阪神タイガーズにドラフト一位指名され、
背番号31を掛布より受け継いだ荻原誠さんの野球DVDを購入しました。

私は昔、バットは「上から振り下ろせ!!」とバッティングを教えていました。

でも、この指導が子供を迷わせる原因になっていたとは思いませんでした

結果的にダウンスイング指導してしまっていたのです…。

確かに、最短距離でバットをミートポイントまで出すことは大切です。

しかし、「上から振り下ろせ!!」という指導が、間違ったバットスイングをさせてしまうのです!!

バットを上から出し、ダウンスイングしてしまうと、身体の構造上、必ず肩は開きます。
身体が開いてしまえば、野球も、ゴルフも、テニスも上手くなりません…。

イチローも、松井も、プロ一流選手達をみても分かるように、誰もダウンスイングなんてしていません

このDVDを観て、子供達へ"レベルスイング"を教えるポイントが良く分かりました。

そして、もう1つ、非常に参考になったのが"軸足のつくり方"です。

ボールを遠くに飛ばす軸足の作り方股関節の使い方など、バッティング上達の秘訣が凝縮されています。

荻原誠さんの説明も上手で、野球経験のないお父さんでも、1からバッティング理論が簡単に学べます。
そして、効率良く上達できるように練習方法も沢山紹介されています。

日頃の呑み代をちょっとだけ節約して、お子さんにプレゼントしては如何ですか

親子で楽しく野球の練習ができ、お子さんへ打撃指導ができるようになります。

少年野球の試合で我が子がホームランやヒットを打つ姿、子供の成長を見ることができますよ♪

子供が活躍した日の夜のビールが最高に美味いですよ!!

◎荻原誠さんの経歴:

小学生5年生から野球をはじめ、中学ボーイズリーグ大東畷で谷口功一と共に全国大会優勝。
日本選抜チームで世界大会優勝。

大阪桐蔭時代には甲子園で打率686、ホームラン3本という驚異的な記録を残し、阪神タイガーズにドラフト一位指名され、背番号31を掛布より受け継いだ。

現在は、柔道整復師のライセンスを取得し、スポーツ選手のサポートケアを行っている。

詳細はこちら(公式サイト)⇒荻原流ジャストミートセオリー


少年野球の指導方法(ピッチャー編)

川口和久の右脳的ピッチング術

kawaguchi01_220.jpg
【川口和久の右脳的ピッチング術】

公式サイト川口和久の右脳的ピッチング術


少年野球を頑張っている子供達の憧れのポジションは、やはり、ピッチャーですね〜。


チームの練習で、「ピッチャーをやりたい人?」と聞くと、


皆、「ハイ!、ハイ!、ハイ!」と飛び跳ねながら手を挙げます。


向いている、向いていない、は別です。


どんどん自分がやりたいことにチャレンジをすれば良いし、チャレンジ精神こそが大切だと思います。


しかし現実、試合でピッチャーとして投げる子供はチームの中の数人、エースは1人です。


ここも大切なところです。小学生といえ、自分の望みを叶えるなら、練習をし、努力を重ねないとなりません。そして、夢を掴むのです。


小さい頃からチャレンジ精神を持ち、目標へ向かうことを覚えれば財産です。


だから、ピッチャーをやりたければ、どんどんチャレンジすれば良いです。


向いている、向いていないなんて、その後の話です。


そして、ここで重要なのは、"正しい基本をマスターすること"なのです。無暗に自己流で練習しても上達はしないし、怪我のもとです。


川口和久氏は、1987年、1989年、1991年と最多奪三振タイトル3度獲得した元プロ野球選手です。


球威のある速球、そして落差の大きいカーブを武器に、18年間、広島カープと読売ジャイアンツで活躍しました。


現在は、MAXベールボールスクールにて、ピッチングコーチとして少年投手の指導をしています。


「4つのポイントを正しい方法で指導すれば劇的にピッチングが変わる」といいます。


川口和久氏のコーチングは、子供達に分かりやすいと評判です。その内容が収録されたDVDです。


野球経験のないお父さんでもピッチング指導のポイントが分かります。

詳細はこちら⇒川口和久の右脳的ピッチング術



少年野球の指導方法(ピッチャー編)

コントロールを良くする!目線のブレをなくせ!

少年野球のピッチャー
ピッチャーにとりコントロールは生命線、
いくらボールが速くても、コントロールが悪ければ勝利は難しい…。

少年野球で多いのがファーボール…。
ここが改善されれば、勝利がぐっと近づきます。

コントロールを良くするポイントを一言でいえば、
"正しく身体を動作させること"です。

その際のチェックポイントはいくつもありますが、
今回は、『キャッチャーミットから目を離さないこと』を意識してみて下さい。

基本的なことですが、少年野球のピッチャーをみていると、これが出来ていない子供を案外多く見かけます。

ボールを投げ終わって、ボールがキャッチャーミットに入るまで目を離さないように指導してあげてください。

練習では、ボールをリリースしたところからキャッチャーミットまでを線で繋げ意識をさせます。

そうすることで、グラブを持った方の肩、肘、膝が自分の投げたい方向へ向かうようになります。

鏡の前など自分の投球フォームが確認できるような場所で、シャドウピッチングをしましょう。自分のフォームをしっかりと見ることで目線もだんだんブレなくなってきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。