少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

野球上達の秘訣

少年野球に嵌ってから5年が経った。我が子が地元の小学校の野球部に入部したのを切欠に、子供と毎日朝練習をするようになり、土日の野球部の練習にも顔を出しているうちにコーチになった。毎年、新しい部員が入部して来てくる。新入部員は、入部をしてくるとまずはレギュラーを目指す。「レギュラーを取って試合に出たい!」と目を輝かせる。



しかし、「レギュラーを取って試合に出たい!」と頑張っても、そこは小学生。小学生だけでの練習だと、野球ごっこの延長になってしまう。野球上達の秘訣は、正しい基本練習を繰り返し行うことがポイントだ。小学生だけでの練習だとここができない。



正しい動きができているか?外から見てチェックし、できていなければ正しい動きに修正するサポート役が必要だ。この指導役がいるか?いないか?で少年野球の上達に大きな差ができてしまう。それを毎年見てきた。



レギュラーとなり試合で活躍する選手には、このサポート役が必要。それはお父さんであったり、お母さん。別に野球経験がなくともできる。基本練習をする相手役になったあげるだけでも全然違う。



「おれ、レギュラーになりたいよ!」



「ピッチャーやりたいよ!」



子供達の目はキラキラ輝いている。その夢を実現できるかどうか?サポート役のお父さん、お母さんがキーを握っている場合が多い。毎日ちょっとの時間を作って、ゴロを捕る練習を一緒にする、素振りを見てあげる、シャドウピッチングに付き合ってあげる。この毎日の"ちょっと"が積もると山となってくる。その時、子供の目はいっそう輝きを増す!



我が子をレギュラーにする方法はこれに限る。野球だけはない、毎日"ちょっと"の努力をすることを覚えれば、勉強にだって活かせる。野球ができる子供は勉強もできる。"ちょっと"の塵を積み上げる方法を教えてあげれば良い。これはお金では買えない子供の財産となる。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
僕は中学3年で今年の夏に引退になります。
ポジションはピッチャーです。
でもこの前の春の大会に中2の後輩に球速が遅くてレギュラーを取られてしまいました。
色々とトレーニングをやっているのですが
なかなか球速が伸びずに困ってます。
どうしたら球速が上がりますか?
メールでやり方送ってください。
お願いします!

ピッチングフォームを磨くことと、速球を投げるために必要な筋力を付けることです。

焦らずに1歩ずつです。

常に、「どうしたら理想に近づけるか?」、それを意識してください。

必要なモノは引き寄せると思います。
運営者
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。