少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球コーチの戯言

篠塚和典と息子

プロ野球、巨人の往年の名選手、篠塚和典さんの長男、宜政さんは青山学院大学野球部の内野手。現役時代の父親と同じ背番号「6」をつけて、父譲りの好打と好守で活躍中。バッティングでは、初球を三塁線ギリギリにセーフティーバントを決め、一塁ベースを駆け抜ける。相手チームから「さすが!」と声が上がるほど。

プロ志望という篠塚宜政さんは「親父は小笠原道大とかラミレスとか凄い選手を教えて、新聞にも名前が載っている。円陣を組んだときは、その中心にいる。やっぱり凄いと思う」という。ワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表の打撃コーチを務めた父を指導者として尊敬している。

少年野球時代はリトルリーグで活躍。初めて父親に作ってもらったグラブはオレンジ色のミズノ製「篠塚モデル」の子供用だったとか。小学生の頃は、お父さんは現役引退をしていて、家にいるときは近くの道路でキャッチボールをしたり、中学生のときはベランダに打撃練習用の大きなネットを張り、親父自身も打ってみせてくれたという。

天才的な打撃と芸術的な守備のセンスは遺伝したのか?遺伝もあるでしょう。でも、子供の頃に物事に取り組み、繰り返し練習をすることを覚えるってことが将来大きな華を咲かす気がする。上達のポイントはここにあると思う。イチローだって、小学生の頃は父のもと毎日野球に取り組んだ。私の考えは、子供だけ、小学生だけでやると野球ごっこのような遊びになってしまうことが多いと思う。大人が横に付いてちょっとサポートしてやるだけで全然違ってくる気がする。

中学生のシニアリーグなど活躍する選手に聞いてみると、やはり小学時代に毎日お父さんとキャッチボールをしたなどという選手が多い。親にとっても反抗期を向かえる前の小学生の息子(あるいは娘)とコミュニケーションをとるのに良い機会だ。中学生にもなれば、「うざい・・・」って言われて終わりですよ。


野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124282990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。