バッティングの上達のコツ

ティーの連続撃ち

バッティング練習でティーバッティングと行いますよね。ティーバッティングするときは、大きく2つのやり方を使い分けています。1つは、バッティングフォームやミートポイントを確認しながら打つ。チェックポイントを意識しながら練習します。

そして、もう1つは連続撃ちです。指導者が、いつもよりも速いテンポで連続してボールを出してもらいます。ここで注意しなければならないのが、毎回バットをきちんとトップの位置まで戻ることです。体の前でバットだけ出してスイングしていたのでは効果がありません。

小学生や中学生はウエイトトレーニングをする機械が殆どないと思うので、ティーバッティングの連続撃ちを練習に取り入れるとスイングする力がつくと思います。

バットを強く振る力をつけると、スイングスピードを上げることができ、体のキレを出すこともできます。指導するお父さんが、「今日のティーは連続でいこう!」など決め、目的によってティーバッティングのやり方をアレンジしてみると良いですよ。


野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック