少年野球の指導方法(基本編)

レギュラーをとる方法ってシンプルです!

「我が子を試合に出場させてあがたい…」

「我が子をレギュラーにしてあげたい…」

少年野球のコーチをしていると、
ちょこちょこ耳にする声です。

でも、これ簡単です。

簡単というと誤解されやすいかもしれませんけどね。

英語でいえば明確で「シンプル」なのです。

けして「イージー」ではありません。

少年野球でレギュラーをとり、試合に出場し活躍する。

そのための実力をつけさえせてあげる方法は、
至ってシンプルだと考えています。

基本を繰り返し練習すればよいのです。

たまの休みに子供を捕まえて、
ハードはトレーニングをさせるよりも、
毎日20〜30分一緒に練習してあげれば良いです。

シンプルでしょう?

これを続けられるかどうか?

そこがポイントですね。

そして、出来るなら指導をするお父さん(お母さん)も
野球の練習方法を勉強しておくと効果的です。

今はネットがあるので、
プロのノウハウを素人向けに解説したDVDなどを購入することもできます。

私はコーチをやっていたので、
その道のプロが教える野球道場などに通いましたが、
DVDなどでも十分すぎるほど勉強ができます。

飲み代を節約すれば、
ちょっと高くとも購入できますしね。

このブログでも私が実際にみたDVDで、
おススメのもの紹介していきますね。

話は戻りますが、
指導側が知識を持って、
子供の練習相手をしてあげる。

けして野球で遊ぶのではなく、
(もちろん遊びは遊びで良いのですが)
きちんと基本の反復練習をさせるのです。

上達する練習方法を親が理解し、
反復練習のためのパートナーとなります。

バッティングもピッチングも守備も走塁も一緒です。


タグ:少年野球
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック