少年野球の指導方法(ピッチャー編)

コントロールを良くする!目線のブレをなくせ!

少年野球のピッチャー
ピッチャーにとりコントロールは生命線、
いくらボールが速くても、コントロールが悪ければ勝利は難しい…。

少年野球で多いのがファーボール…。
ここが改善されれば、勝利がぐっと近づきます。

コントロールを良くするポイントを一言でいえば、
"正しく身体を動作させること"です。

その際のチェックポイントはいくつもありますが、
今回は、『キャッチャーミットから目を離さないこと』を意識してみて下さい。

基本的なことですが、少年野球のピッチャーをみていると、これが出来ていない子供を案外多く見かけます。

ボールを投げ終わって、ボールがキャッチャーミットに入るまで目を離さないように指導してあげてください。

練習では、ボールをリリースしたところからキャッチャーミットまでを線で繋げ意識をさせます。

そうすることで、グラブを持った方の肩、肘、膝が自分の投げたい方向へ向かうようになります。

鏡の前など自分の投球フォームが確認できるような場所で、シャドウピッチングをしましょう。自分のフォームをしっかりと見ることで目線もだんだんブレなくなってきます。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp