少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


バッティングの上達のコツ

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト レビュー

7day_batting01_150.jpg■「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト レビュー

元西武ライオンズの大塚光二氏と垣内哲也氏のバッティング指導のDVDです。


公式ページ>>「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

このDVDの良いところは、バッティングの基本がしっかりと学べるところです。それと、バッティングが上達しないという7つの理由を徹底指導する内容が含まれますので、小学生にありがちな悪い癖を修正することができます。


スポーツは、とにかく基本が大切です。このブログでは、何度も何度も言いますが、基本を反復練習することが一番大切なことです。そうすれば、応用も自然と身についてしまいます。


「うちの子供にレギュラーを獲ってほしい!」「試合でヒットを打ってほしい!」という親心は誰にでもあります。私もそうです。


でも、子供に変わって自分が試合に出るわけもいきませんし、親ばかを出して子供を甘やかしても駄目です。親として何をするべきなのでしょうか?


親としてできることは、"反復練習を積み重ねることの大切さ"を教えることだと思います。父親としては、どうしても野球の技術を教えたいと思ってしまいます。


でも、それを二の次にし、基本を繰り返し学ぶということを教え、練習相手になってあげることです。これ以外に、少年野球の上達の道はありません。


このDVDには、バットの握り方から始まり、構え、スイング、タイミングのとり方などのバッティング基本と練習方法がよく分かります。上達の秘訣がぎゅっと詰まってします。


また、コース別のバッティングや変化球の対応法などの応用技術も参考になります。将来、中学生や高校生になっても生かせるノウハウも沢山入っています。


そして、小学生でありがちな悪い癖を7つピックアップし、その改善方法も分かりやすく解説しています。


<バッティングが上達しないという7つの理由>

1.肩に力が入りすぎる

2.ボールを引きつけて打てない

3.ステップしたときに体が開いてしまう

4.前に突っ込んでしまう

5.バットが下から出てしまう

6.ドアスイングになってしまう

7.バットがなかなか出てこない


素振りやティーバッティングの練習法も紹介されているので、親子でDVDを見て一緒に練習をしてみてください。確実にバッティングは向上しますし、飛距離もかなり伸びてくると思います!

詳細はこちら>>「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト



野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。