少年野球の練習方法

少年野球の守備の練習方法

少年野球練習メニューの続きです。


次に守備練習です。少年野球で守備は大切です。強いチームは皆、守備が上手です。重点的に練習してください。ゴロを捕る練習から入ります。


少年野球の試合で最も多いのがゴロです。ゴロを捕ってアウトにできることこそ少年野球で試合に勝てる大きな要素です。


まずは守備の構えからです。スポーツは構えが大切です。
きちんとした構えができる様に教えてあげてください。
構え方などは少年野球の書籍やビデオを参考にしてください。


構えが出来たら、次はゴロを捕球する形を覚えさせます。
地面にボールを置き、それを正しい姿勢でとる練習をします。


正しい体制でとっているか?横で親がチェックしてあげます。
間違った取り方をしたら、
「そんな簡単なこともできなのか!」という気持ちを抑えて、
丁寧に教えてあげます。


早い動きが出来ない子は、始めたゆっくりで良いです。
正しい捕球の姿勢を覚えさせてください。


実はここに少年野球の上達の秘訣があります。
はじめに正しい体の使い方、すなわち正しい構え、捕球の仕方、
正しい投げ方をゆっくりでよいので正確にできるまで
指導者が横で付きっきりでみてあげるのがポイントです。



いよいよゴロを捕る練習に入ります。
少年野球を指導する親としては、ついついバットを持ってノックをしたくなりますが、入門時はバットで強い打球をノックするよりも、手でゴロを転がしてあげます。


(正しいゴロの捕球の仕方が身に付いてからノックをしてあげてください)


バンドしないごろで捕球の体勢を覚えたら、
手でバウンドさせてゴロをとらせます。


ゴロも規則性のあるバウンドのゴロを繰り返し練習させます。
とにかく簡単なゴロを毎日繰り返し繰り返し練習します。


手でゴロを出す練習であれば、お母さんでも相手ができます。
毎日毎日必ず練習してください。


そして一球一球丁寧に正しいフォームを意識させながら練習させます。
気が付いたときには少年野球の名内野手になっているかも!

(続く)



野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック