少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


外野手の指導方法

外野フライがとれるようになる指導方法1

外野フライがとれるようになる指導方法1少年野球の指導方法】


リクエストがあったので少年野球の外野手の練習方法を紹介します。
外野手の守備の問題でお悩みのお父さんも多いと思います。


うちの子供が少年野球をはじめて一番はじめに教えた守備練習が、
実は外野フライの取り方です。


理由は単純です。始めは外野手だったからです。
所属する少年野球チームへ入部したのが同学年の中では終わりのほう
だったので、内野はほぼ特定の選手がいて、
とりあえず外野の一角を狙うところから鍛錬が始まりました。


結構少年野球の選手のお父さんの中には、
子供さんが外野守備練習でフライが取れなく困っているのを
助けてあげたいと思われている方が多いかもしれません。


今回は外野守備の上達方法を連載で書きます。
ではさっそく、
まずこれも少年野球の本やビデオでお父さんが基礎知識を覚えてください。


一応チャックポイントを6つ挙げますので、
情報をインプットしてください。


1.両足を肩と平行に揃えないこと

両足を肩と平行に揃えてしまうと、フットワークが使いづらくなります。
狭い内野を8人で守り、広い外野を3人で守る野球というスポーツは
外野手はとにかく早くボールに追いつかなければなりません。
ただら動き易く、早いスタートが切れ、早いフットワークが使えるように
片足どちかを少し後ろにずらし、足の位置を肩と平行にしないように構えます。そして終始両足が平行に揃わないようにします。


きっと両足がそろうとフライが取れずに、
バンザーイ!してしまうと思います。


2.とにかくスタートを早く切らせる。
最初は感でも良いので、ボールが上がった瞬間で判断させ
落下点を予測させボールを追わせます。
そしてスタートを切ったら早くトップスピードに載せるようにします。
特にもう少しでボール追いつくところで
途中でスピードを緩めないてしまう子供が多いで注意してあげます。


3.ボールを取るときは落下点の1歩後ろにいて
ボールが落ちてきたら1歩踏み込んで胸の前で取る。
取るのは頭の上でなく基本的には胸の前です。


4.ボールを必ず正面で取られせる。
これもボールを怖がってか体の横で取る選手が多いので注意です。


5.グローブを早く出しすぎないこと。
グローブを出したままボールを追う選手が多いです。
これも直してあげましょう。


6.絶対に後ろにそらせない心構えで望ませる。


それでは実践練習です。
まずは小さい簡単なフライを定位置に上げそれを
正しい形で取らせます。

キャッチボールの2倍くらいの距離か
大丈夫そうであれば子供にあわせて距離を大きめにとります。
正面のフライでも必ずフットワークを使わせ、
1歩下がりボールを取るときに1歩踏み込んで取らせます。

またグローブとボールが喧嘩しないようにさせます。
取るときに卵でも取るかのように柔らかくグローブを使わせます。


ボールを取るときは基本的に片手です。
ただもう片手はグローブの近くにあるようにします。


(続く)
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
最近このサイトを知り、とても興味深く読ませてもらっています。

私も昨年の夏から子供が少年野球チームに入ったことがきっかけで練習を見に行くようになり、手伝うようになり、この4月からはコーチをするようになりました。

そこで質問ですが、うちの子はどうしてもボールを取るときに体をよける癖があります。普通にキャッチボールをしていても(まあまあちゃんと取るのですが)体半分を引いてキャッチしてしまいます。また、ワンバウンドや強い当たりの時は、斜め後ろから回り込んだり、横から飛びつくように取ることが多いです。

こういう癖を直すのに良い方法があれば教えてください。今は地道に、顔のすぐ左でボールを受けるキャッチボールをしています。
もちろん、特効薬があるとは思っていません。

では、よろしくお願いします。
ナオスギ
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。