外野手の指導方法

外野フライがとれるようになる指導方法3

外野フライがとれるようになる指導方法3【少年野球の指導方法 外野手】


左右のスタートが切れるようになったら
次は前後のスタートです。


これも左右のスタート練習と同じようにシャドウで行ないます。
合図を決めて子供にスタートを切らせます。


後ろへのスタート(バックへのスタート)は背走になります。
少年野球ではこの背走ができる様になるのに1つ壁があります。


少年野球の練習の光景で、コーチがノックで打った外野フライを
子供が「ああーー」という感じで正面を向いたまま後退し、
バンザーイをしてしまうことが多いです。


バックの外野フライのとき、体をターンして背走で追えるようになるまで
時間の掛かる子供が結構います。


でもうちの子供の場合は直ぐにできる様になりました。
低学年の内から背走で外野フレイがとれました。


その秘密はシャドウにあります。
なんどもスタートを切り背走する練習を繰り返したら、
イメージが早くでき体で覚えてしまったようです。


背走は右まわり、左まわりと両方練習します。
前後のスタートもスタートを切る足が大切です。


外野手の正しい構えは、
どちらかの足が前に出ていると話しました。


足が前に出ている側へのターンは、
出ている足を1歩引きます。


足が出ていない側のターンは、
後ろの足を軸にします。


今回の練習は左右ターンしての背走と前進のフライです。
前進のフライのスタートはよーいドンで突っ込みます。

(続く)




















野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック