バッティングの上達のコツ

少年野球のバッティング講座、4番バッターを目指せ!

少年野球のバッティング講座、4番バッターを目指せ!1


少年野球のプレイヤー達はバッティング練習が好きです。
守備練習よりもバッティング練習の方が活き活きとしてきます。


でも実際の試合でヒットを打つのは少年野球のプレーヤにとり
難しいものです。


なかなかヒットが打てません・・


少年野球の試合で結果を出すのには、
いくつかの壁を親子で乗り越えていく必要があります。


練習するなら試合でヒットあるいはホームランが打てるように
子供に指導をしてあげたいものです。


バッティングにも基本的な体の使い方があります。
これも少年野球の本、メディアなどで基本知識を習得してください。


そして野球をやったことのない父さんはバッティングセンターに
行ってみて、バッティングの難しさを理解しましょう。
そうしないと理論ばかり言うようになり子供が混乱する可能性があります。


またメディアの解説では分かりづらいところもあると思います。
そんなときは、少年野球のチームの監督、コーチに聞きましょう。


自主性を持たせるために子供に自分で聞きに行かせることも大切ですが、
結構複雑な動きを伴いますのでお父さんもその場で聞いて、
納得の行くもの習得していってください。


バッティングは色々な打ち方や理論があります。
その時に子供にあうものを選択するのも重要です。


指導方法としは、
その時のチェックポイントを1〜3つ決めます。


例えば、
構え、ステップの位置、テイクバック、タイミング、レベルスイング、
開かないで打つ、バットの出し方・・・


バッティングは本当に沢山要素があります。
そして決めたチェックポイントを一定期間反復練習をして身に付けます。


期間というのは、上達度により異なりますが、
あくまでもチャックポイントがクリアできるまで反復練習を毎日繰り返します。


とにかくバットを振らせましょう!
それが少年野球でのバッティングの練習のコツであり、指導のコツです。





野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
俺は、世界選抜で二番サードで出てます。
世界選抜 二番スタメン
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック