少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

ゴロを捕れるようになる

少年野球で一番多いのがゴロを捕球するという場面です。
内野手は色々なゴロが飛んでくるし、
外野手もゴロを確実に止めないとなりません。


またゴロを確実に捕りアウトにできるチームは強い!
ゴロを捕る練習を毎日しましょう。


まずはゴロを捕る形をしっかりと頭の中に入れさせます。
少年野球関連の本、DVDなどからお父さんが理解し教えます。
少年野球の監督、コーチに聞いてもよいでしょう。


構え、捕球体制のその場で形をつくらせ
子供の頭にインプットさせます。


それが出来たら止まっているボールを捕ることから始めます。
大人の観点からいくと、直ぐにノックなどで鍛えようと考えてしまいがち
ですが、まずは止まっているボールを捕り投げることからです。


子供に構えさせ、子供の前5メートル位の所へ、ボールを置きます。
正しい構えから、正しいフットワークを踏み、正しい捕球体勢でボールが捕れているか?お父さんがチャックします。


捕ったボールはバックフォームか1塁方向へ送球をさせます。
2人で練習している場合は、壁などを利用します。
できたら送球時のステップや投げ方もチャックしてあげてください。


まずは止まっているボールで繰り返し練習します。
少年野球は基本が大切で、あせらずじっくり行きましょう!








はじめは簡単な
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
昨日こちらのサイトを拝見させて頂きました。
早速、家の年長さんの長男にトンネル、捕球動作からの送球をさせてみました。
最初、彼(左利き)は前足の外側で捕球する癖がありましたが、ボールを置いてしっかり捕球するという動作を繰り返しやらせました。たった1日で見違えるほどになりました。その後トンネルをやらせたのですが、この時にしっかり軸足を下げてトンネルを繰り返しやらせました。
するとゴロを処理する動きに形が出てきました。
私も息子も嬉しくて何時間も練習してしまいました。
今までは私も指導経験がありませんでしたので見よう見まね教えていましたが息子はいつも最後嫌になって泣いて終わりでした。お蔭様でこれからは息子と楽しく練習していけそうです。本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願い致します。
お世話になります。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29540846
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。