少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

ゴロを捕れるようになる3

ゴロを捕れるようになるの3回目です。


少年野球でしっかりと守れるプレーヤーは、
試合で使ってもらえます。


バッチングは水物といいますが、
少年野球でも打撃のいい選手がスランプになったりします。


その点守備は比較的安定しています。
だから少年野球の守備で一番多いゴロを
きっちり捕れるように練習をしましょう。


・止まっているボール
・地を這うようなゴロ
・イージーバウンドのゴロ
が捕れるようになったら、
今度は左右に振ります。


前回と同じようにお父さんが手でボールを出します。
このときに大事なのが、
回り込んで正面でボールが捕れているかチャックすることです。


構えから、回り込むにステップ使い、
ボールの軌道に入り、前進しながら正面で捕れているか確認します。
これも繰り返し練習します。


またバウンドのゴロですが、
バウンドのどの時点で捕球するかという点もチャックします。


基本的はボールが地面に落ちる前か、
バウンドした直後です。


バウンド直後ワンテンポたったハーフバウンドの位置では捕らないように
指導してあげてください。


ボールに対して突っ込み、
一番イージーにとれるバウンドの位置をお父さんから指導して
正しいゴロの捕り方をマスターしてください。





野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。