少年野球の練習方法

インナーマッスルを鍛える!(少年野球)

地味だけれども、
少年野球プレーヤーにとり凄く大切なトレーニングを紹介します。


インナーマッスルを鍛えることです。


本当に多くの少年野球プレーヤーが肘とか肩に痛みを訴えます。
うちの少年野球のチームでも3人に1人くらい
肘とか肩の痛みを訴えます。


大人が考えている以上に、
野球少年達の体はできていません。


負荷を掛けるウエイトトレーニングなんて禁物です。


そういうトレーニングではなく、
インナーマッスルを鍛えるトレーニングをやらせてください。


インナーマッスルのトレーニング用のゴムが野球用品店などで
販売されています。


色により強さが分かれているので、子供に合った強さにします。
野球用品店の方など詳しい人に相談してください。
因みにうちの子供の場合は、一番弱い「黄色」です。


このゴムを1〜2メートル買ってきます。


そして柱などのくくりつけ、
腕のインナーマッスルを鍛えます。


コツはゆっくり動かすことです。
負荷がかかるような動かし方をするとインナーマッスルは鍛えられません。


この練習は一人でできます。
テレビなどを見ながら15回を4セットくらい。


トレーニングのやり方は、
ブログでは説明しづらいので、
トレーニング用の本を参考にしてください。
(私も良いものを探して見ます)


これをやることで怪我のしにくい
名少年野球プレーヤーになります。


「痛いからできない・・」
といわれるのが、少年野球プレーヤーの親としては辛いところ。


早いうちからインナーマッスルを鍛えましょう!

野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック