少年野球コーチの戯言

少年野球に関わって思うこと2

はじめて自分の子供の出場する
少年野球チームの試合を見に行ったときのことです。


「バッチこいーっ!」
「バッチこいーっ!」
「バッチこいーっ!」
と構え守備につく少年野球プレーヤー達。


エラーをすると、
「なにやっているんだ!!!」
と監督やコーチにどやされる。


勝つチームがあれば、
負けるチームがある。


まさにそこは戦場でした。
少年野球という舞台は厳しい戦いの場でした。


でも、少年野球チームの全員が戦いに行くための武器を
持っていないのです。


何も武器を持たずに、
素手でマシンガンを持った相手と戦おうとしている
少年野球の子供達が目について仕方ありませんでした。


厳しい少年野球という舞台へ登場する準備が出来ていないのです。


どういうことか?


それは、練習数が少なく野球技術が身についていないのに
本番を向かえます。


技術が無いからミスをします。
大勢の人の前でミスし怒られるから、
野球が嫌いになります。消極的になります・・


消極的になるからまたミスをする・・


こういった悪循環の少年野球に挑戦している子供達が数多くいます。


お父さん、お母さん、早くサポートしてあげてください!
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック