少年野球の練習方法

少年野球へ挑戦する子供へノックをしてあげる!

毎日20分ノックを受けられたら、
きっとスーパー少年野球プレーヤーが誕生します。


お父さん、お母さん、
毎日子供の練習に付き合ってあげてください。
少年野球は練習量が肝です。


ノックのやり方は、親子練習の場合、
出来れば片手のノックを進めます。


少年野球の上達は、
まずは簡単なゴロを数多く捕ることが早道です。


規則正しいバンドのゴロを、
正しい構えから、簡単に捕れるバウンドの位置で、
正しい姿勢でとり送球をする。


この練習をとにかく繰り返してください。


それに必要なノックは、バットを短めに持ち、
ボールを軽くあげ、金槌で打つ容量で、
ボールの後ろから「コツン!」と打つだけで充分です。
力は要りません。



できたら利き腕にバットを持ち、
もう一方の手でグローブをはめ
グローブの中のゴールをグローブをはめたまま小さくトス、
そのボールをノックする。


そうするとボールを捕った子供が送球まで出来、
そのボールをお父さんがブローブでとって
またノックが出来ます。


この練習ができると、
少年野球の守備練習にとり非常に効果的です。


はじめは曲芸のように思えてしまうかもしれませんが
少し練習していると誰でもできる様になります。


丁度、テニスのボール出しと同じです。


名手、少年野球プレーヤー誕生の為に、
お父さん、お母さん、一肌脱ぎましょう!
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック