少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球コーチの戯言

チームの卒団式

今日はうちの子供の少年野球チームの卒団式でした。
そこには6年生が成長したたくましい姿がありました。

子供達対お父さんの野球の試合は6-10、逆転でかろうじてお父さんの勝ち。
その後皆でお弁当食べたり、過去の試合のビデオをみたり、
そして6年生を送り出し新旧交代です。

時の経つのは早いもので、
うちの子供は3年生の時に少年野球をはじめ今年5年生、
いよいよ来年は勝負の年です。

今年の成績は6年生が2人しかおらず、
あとは5年生というチームとしては健闘しました。

20校以上は出場している少年野球の地区大会で3位になりました。
他のチームは6年生主体のチームがほどんどのなか、
準決勝で優勝したチームに負けての3位は大健闘です。

うちの子供も5年生ながら1年間をエースとして投げぬき
成長した姿を見ることができました。

春頃は6年生が2人というチーム事情のため、
他の少年野球チームと力の差があり1回戦負けでしたが、
チーム全体が基本的なバッティング力をあげ、
守りではピッチャーが低めコーナに投げられるようになり、
安定性が出てきたところに勝因があったと思います。
基本練習を積み重ねた成果だと思いました。

少年野球は高度なテクニックを身に付ける練習よりも、
まずは基本練習を繰り返すことの大切さを感じました。

そしてチーム任せでなく、
各家庭で毎日(あるいはそれに近く)、
個々が練習してレベルアップを図るのが勝利への近道です。
個々ができる基本練習を続けることが大切のようです。

来年は少年野球の地区大会の優勝目指し、
さらに上部大会出場を目指し親子で頑張ろうと思った一日でした。

楽しい卒団式をありがとう!




野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。