少年野球の練習方法

ショートバンドの練習方法

少年野球の守備において、結構多いのがショートバウンドを捕るという場面です。

少年野球の試合の守りで一番多いのがゴロを捕ることと以前話しました。
そして軟式ボールの素材はゴム系の素材で出来ている為、
大きく弾むことが多いです。

バウンドが大きければ一塁への送球までの時間が短くなり、
内野手は突っ込んでボールを捕り、一塁にすばやく投げないと
少年野球の試合ではセーフになってしまいます。
とりわけサード、ショートなどはそうです。

そして打球に対して突っ込んでいった時、
タイミング的にショートバウンドになったしまうことがあります。

また少年野球では捕ったボールを送球する際に
投げる選手が力がないのとコントロールがイマイチの子が多いので
送球がショートバンドしてしまうケースもあります。
ボールを捕る選手はショートバウンドの処理をしないとなりません。

よってショートバウンドを捕る練習をしましょう!
元プロ野球選手の横浜ベイスターズにいた高木豊さんの
少年野球向けのDVDを見て知った練習方法を紹介します。

お父さんと子供が10メートル位離れて経ち、
子供はゴロを捕るために構えます。
お父さんは適度な強さ(バウンドが大人の頭の高さくらいなるように)
に軟式ボールをバウンドさせ、それを子供がわざとショートバンドさせ
捕球します。3バンドくらいするような感じになると思います。

この練習方法のポイントはお父さんが投げると当時に突っ込ませ、
ボールを正面で取るように指導してあげることです。
どんな場合も正面にはいる癖をつけるのは、
少年野球の上達の秘訣です。

この練習を繰り返しやっていると、コツが分かって来て、
本当にショートバウンドの処理が上手くなります。

またそれだけなく普通のゴロを捕るもの上達しますし、
内野手だけでなく外野手の守備も上達します。

少年野球の外野手の守備も軟式ボールがゆえに、
ワンバウンドのボールが頭を越すケースが多々あります。
そういうライナー性のフライに対しては、
突っ込んでいって処理をする必要があります。

その時ノーバウンドでのキャッチに間に合わず
ショートバウンドになってしまうことがあるからです。

それに内野手も外野手も、
ショートバンドで処理ができるようになると
守備に余裕が生まれますし、思い切ってボールに突っ込んでいけるようになります。「余裕」と「突っ込み」、ここにも少年野球の守備の上達のヒントがあると思います。試合(実践)で役に立つ技術です。

騙されたと思ってショートバンドでゴロを捕るこの練習を
何回も繰り返して行なってみてください。
少年野球の試合で活躍するお子さんの姿がみれますよ。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック