少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

ボールの投げ方

正しいボールの投げ方を子供に指導しましょう。特に「腕」「肩」「肘」の使い方です。ここを間違えて教えると変な癖がついてしまい。子供の野球人生を変えてしまうかもしれません。

「おおげさーー」と思うかもしれませんが本当です。

少年野球を始めた小学生にとり、ボールを投げるときに腕、肩、肘を正しく使うことは難しいです。難しくできなのにボールを投げてしまうと間違った投げ方を覚えてしまいます。そしてそれが故障の原因になります。肩や肘を一端故障してしまうとピッチャーとしての道がかなり狭くなります。狭くというよりは殆どなくなります。

うちの息子は小学3年生で少年野球を始めた時、肩や肘の使い方を念入りに練習して来ました。それでもピッチャープレートから16メートル先のホームベースへ向かいストライクを投げるということに意識がいってしまい、
テイクバックの時に肘を引きすぎてしまうという癖が付いていました。

テイクバックの際、肘は体の真横に無いと駄目だそうです。ピッチャープレートにセットポジションで立ったとして、セカンド方向に肘がテイクバックされていないとなりません。三塁側や一塁側にずれているのは正しいテイクバックではありません。

この位置(ゴルフで言えばアドレス)がずれているのが故障の原因になります。位置がずれていることで正しい腕、肘、肩の使い方は出来なくなります。

少年野球をみているとこのテイクバックの位置がおかしい選手が大勢います。指導者として正しい知識を身につけ子供に教えてあげることが重要です。

(続く)
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
はじめまして、小学4年生の長男の事ですが、最近友達の影響で野球部に入りました。
決して野球を始めたのは早いほうではないので、少しでもと思い、早朝のキャッチボールを日課にしつつあるのですが、どうも投げ方が弱いのです。
片足を一歩前に踏み出して、体重をのせるように言うのですが、下半身の動きが少なく、手だけで放るような投げ方になっているので、遠投もあまりできません。
下半身を使えばこんなに飛ぶんだ!というような事が解りやすい体験ができれば良いと思うのですが、何かいい指導方法があれば教えて下さい。
アッチャンパパ
小学生4年生でしたら、まずは焦らないことだと思います。うちの息子も体が小さく、なかなか強いボールを投げれませんでした。気をつけたのはあくまでも正しいフォームです。正しいフォームで投げられる距離でキャッチボールをすることだと思います。正しいフォームで投げようとして、距離が10メートルであれば、その距離でキャッチボールを繰り返しさせることだと思います。あとは無視しない範囲でランニングや外野守備の練習などで徐々に体力を付けさせるのがコツだと思います。
少年野球にはまった親爺(管理人)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。