少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の練習方法

楽しく少年野球の練習をさせることが指導のコツ

先週の水曜日のこと、
朝、息子と野球の練習に行こうと玄関を出ました。

息子が肩を押さえて「ピッリッ・・とした」というのです。
どうやらリックを背負おうとした時に首と肩の筋を痛めた様子です。

来週は練習試合(地元4校の少年野球の親睦リーグ戦)があるので大事をとり、スポーツマッサージ専門の医療機関があるので行かせたました。

マッサージのトレーナーには、
「試合が近いのであれば少年野球の練習は無理せずに休ませ方がよいですよ。」と言われました。

指導する立場としては、無理をさせるわけにはいかないので、
「できる練習だけやりなさい!」と子供に言いました。

そんな経緯から今週の少年野球チームの土日の練習は、
うちの子供は軽いランニングなどできるメニューのみ行い、
あとは横で見ていました。

日曜の練習も終わりに近づいたとき、
息子が私のところに近寄って来て言いました。

「もう我慢が出来ない!ボールを投げないで見ているだけではつまらない!
首と肩は良くなって来たから軽くキャッチボールをする!」
と言い出したのです。

「来週は少年野球の地元のリーグ戦だろ、無理するな!」
といいキャッチボールをやらせませんでした。

でも感じたのは、周りの子供には土日の練習を休みがちの子供もいます。
厳しいから泣いちゃう子供もいます。

でもそんな中、いつも楽しそうに少年野球の取り組んでいる息子の姿を見ると、親として嬉しく思います。辛く我慢して野球をやるより、楽しくやった方が良いに決まっています。

楽しく練習すれば身になり上達も早いです。上達すればさらに楽しくなる。自分からバッティングを工夫したり、ピッチングを工夫したりし始めます。

それが楽しさをさらに加速させます。心と体が一致する本当の楽しさを味わえます。スポーツをやる上での大事なことです。指導する側としているも考がえています。

そして、その土台になっているのは、「野球の基本」です。
基本が出来ているから練習も試合も楽しめます。

なんでもそうだと思います。
「できない・・」「まわりの人よりも劣っている・・」
そういうことには前向きにはなりづらいものです。

少年野球は高度の技術はいりません。ゴロと捕ること、ボールを投げること。基本中の基本を身に付けるだけで野球が楽しくなります。
基本が身に付く練習方法を取り入れ繰り替えることで
目覚しく上達します。

その基本を身につけるためにちょっとだけ子供のお手伝いをしてあげるか、
あげないか、ここが結構分かれ目だったりします。

自転車を乗れるように練習している子供がいるとしたら、乗れるようになるまで補助輪の役目をしてあげる。親子のコニュニケーションとしても有意義な時間を過ごせます。

少年野球は基本が身に付く練習方法を取り入れ、繰り返し繰り返し練習をさせてあげます。その中で気付いたことを指導する。これば一番の上達の早道です。

親にとり、子供にとり、少年野球が良い思い出になるなと感じた昨日の出来事でした。

野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31878745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。