少年野球の指導方法(基本編)

指導のルール

親子で少年野球に取リ込むのに必要なルール決めの話です。失敗する前に読んでください。野球自体にルールがあるように少年野球に取り組むために親子間のルールも必要だと思います。お父さん、お母さん。野球を指導して成果をあげるために、親子間のルールを決めておきましょう。


なぜ?こんな話をするかというと、「なんで、そんなことできなんだー!」と怒る指導が野球をつまらないものにしてしまうからです。親心で「上手くなってほしい!」という思いが強過ぎて、無理な練習方法を取り入れて野球を詰まらなくしてしまうことがあります。まず親として指導者として少年野球に対するスタンスを決めておきましょう。私も当初は良く分からずに大人の視線で少年野球を捉えてしまい失敗した経験があります。


子供を罵倒するなど不適切な指導をした思いもありますし、無理な練習方法で練習させたり、今考えると反省する場面がいくつもあります。ですから、お父さんお母さん、自分の中でルールを決めしておくことをススメます。


【1】少年野球の指導のポイント
出来ないからと言って罵倒しない。「そんなことも出来ないのか!」と大人の視線で見ると思ってしまうことが多々あると思います。でも子供達は一生懸命やってもすぐに出来るようになりません。エラーしたからと言って「罵倒」とする指導をしていると子供は萎縮します。萎縮したら良いプレーは絶対に出来ません。上達するにはできないことを繰り返し練習する方法しかありません。親としては根気良く指導し、できるようになるのを待ってあげます。エラーに対して怒っていると子供達は野球が嫌いになります。まずは楽しく少年野球に取り組ませてあげます。楽しければ野球が好きになります。好きなものは早く上達します。ここが指導のコツです。


【2】上達する練習方法の取り入れ方
少年野球に高度な技術は要りません。プロでも高校生でも中学生でもありません。小学生がプレーする『少年野球』なのです。大人はついつい高度なプレーを子供に求めてしまいます。例えば、基本も出来ていない子供へ強いゴロのノックで打つような練習方法を取り入れてしまいます。勿論練習の過程で強いノックを受ける必要はあるのかもしれません。でも基本も出来ていない子供へそういった指導をすればボールへの恐怖心が生まれるだけです。
まず必要なのは手で転がしたようなイージなゴロを捕る練習方法です。


その他に投げ方の基本も出来なのにピッチング練習をさせるような指導、これは故障するだけです。それに一度変なクセが付けば直すのは大変です。少年野球の上達の秘訣は「基本を繰り返しできるような練習方法」を取り入れてあげてこと。そして練習相手になったあげることです。何事も地道な一歩を積み重ねることがゴールする唯一の方法です。そのことを子供に教えてあげられるような指導をするべきだと思います。


【3】激を入れ強い子供に育てる
少年野球は「楽しく」が一番です。でも、だからと言って好き勝手にやることとは違います。少年野球と言えどもスポーツの勝負の世界です。勝つ者がいれば負ける者がいます。「子供に対して甘い」のはマイナスだと思います。エラーとかで罵倒するような指導は禁物ですが、子供達たるんでいるとき、だらだらしているとき、気が抜けているとき、整理整頓が出来ないときなどは激を飛ばしましょう。思いっきり叱ってあげて下さい。少年野球に厳しさは必要です。


私も子供がたるんでいるとき、あまりに何度言っても直さないので殴ったこともあります。けして指導者の暴力が良いというのではありません。でも厳しさの中から強さが生まれてくるのは事実です。他人の子供を殴れば問題になるかもしれませんが、そこは親子、自分の子供なので調和をとることはできるでしょう。それそれの判断でおもいっきり叱ってやってください。ある面、厳しい少年野球が子供を強く育てます。因みに「叱る」と「怒る」は違います。「叱る」は子供のためになります。子供のことを考えた指導のときです。「怒る」は自分の腹の立っている状態です。「叱る」はOKですが「怒る」はNGです。私はこれで自分をチャックすることにしています。


以上、私は私なりに少年野球に子供と取り組むために決めているルールです。皆さんも自分の基準とつくって、お子さんと一緒に楽しく少年野球に挑戦してください。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
訪問&コメントありがとうございました!
斎藤投手効果で東京六大学野球はもちろん、
少年野球も盛り上がってほしいですね!
応援!!ポチッ↓
よしくん
訪問&コメントありがとうございます。

甲子園はどこの学校であろうとついつい
観てしまいます。^^;
それぐらい野球は楽しいものです。

ではまた・・・!
味児空羽 【野球Tシャツ倶楽部】
我武者羅さん、コメントありがとう!!ブログみましたよ。今後ともよろしくおねがいします。
少年野球にはまった親爺
今日息子が涙を浮かべて練習から帰ってきました。
野球が大好き!と言った息子。
学区の少年野球チームのことを聞き見学に行きました。
監督さんは罵倒型。体育会のノリが苦手な私はその厳しさにのけぞりました。しかし息子は帰るともいわず、入会。これまで野球をすることが好きで監督の罵倒もきにせずやってきたようです。

でも今日、炎天下で9時から5時までの練習。みんな一日中罵倒され続け結果さいごにお前らのような下手でたるんだ奴らを指導してもつまんねえんだよ!もう解散だ!と切れ自分の子を車に乗せ走り去っていったそうです。息子はもう野球はやらなくてもいいなんて言い出しました。当然、楽しい雰囲気はありません。みんな下を向いて帰っていったようです。息子はだらしないんでしょうか?でもあんなに野球をするときうれしそうだった子どもが野球が嫌いになっていくようで残念です。息子は3年生です。本当に解散かどうかわかりませんが
このままだと息子は野球から離れてしまいそうです。それでも続けるべきなのかどうなんでしょう。
みゆきだるま
みゆきだるまさん

酷い指導者ですね・・・
指導者としてより、人としての風上に置けない気がします。

下記の桑田選手のメッセージを読んでください。
そして、もっと良い指導者にめぐり合ってください。

http://kuwata-masumi.cocolog-nifty.com/blog/message/index.html

僕は、法律に触れたり、他人に危害を与えるような状況が起こらない限り、殴って育てることには反対です。
とおりすがり
初めまして。
質問があり伺います。
私達一家は昨年ロスアンジェルスより帰国し、この春から6年生と2年生の息子が学校区の少年野球チームに入団しました。
昨日、外野フライの練習中に監督の息子がエラーを繰り返し大きな声で罵倒され、後ろで球拾いをしていた私は彼が「まぶしくてボールが見えない。」とつぶやいた事を聞き逃さず、ノックをする監督にサングラスの着用を伺ったところ、日本の少年野球では禁止されているとの事。
本当ですか?
息子達はアメリカのリトルリーグを経験しており、サングラスは必需品として用意するよう言われていました。プラスチック製の物なら割れませんし、まぶしさやゴミを防ぐためにも有効とおもうのですが、ルールブックやHPなど探してもサングラスの着用についての記載を探せませんので伺います。


水上 清
水上さん、こんにちは。ゴメンナサイ。小学生の軟式の少年野球でのサングラスの使用についてのルールは知りません。審判講習会などの機会に質問してみます。
少年野球にはまった親爺
少年野球にはまった親爺さんへ

初めまして。私も息子2人が野球を始めて5年目になります。うちの少年野球部でも、熱意は認めるものの、子供を常に罵倒して問題のある指導者から、子供を慈しみ上手に指導が出来て尊敬できる指導者へ交代しました。交代して落ち着くまでは、それは、それは大変な思いを、子供も親もしましたが、充実した野球人生を送らせてあげる為、子供の人格を尊重する為、親は頑張りました。
すべては子供の為になると信じてやってきたことですが、一部では指導者の為のチームと勘違いしている大人がいますね。少年野球って、あっちこっちで問題が多かれ少なかれあると思いますが、強くなっても、子供が本当に野球を楽しめて、強くなりたいと願って練習を頑張っていってくれればと思います。長くなってすみません。
かーちゃん
はじめましてm(__)m
現在うちの子供も野球チームに入っています
実は、監督とコーチ(指導者)の考え方!?に憤りを感じていてどうしたら良いか分からず…悩んでいますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
会話の中で監督の気に障ったのか、試合中、その場でその親御さんの子供を交代させたりと怒りの矛先を子供に向けるんですバッド(下向き矢印)

ミスをしたなら分かりますが分けもなく交代で周りの親達は えっ?何で!?とざわめきも起きる程たらーっ(汗)

自分の子供がいつ同じ様な目に遭わされるのかと思ったら…気付いてても気付かないフリをしてしまいましたバッド(下向き矢印)

目の敵にされている子達はポジションすらも外されて行き場を失った子もいます…
気付かないフリをした自分を恥じて悔やんでいますが何よりその時外された時のその子の表情が忘れられないんですあせあせ(飛び散る汗)

なんとか改善策はないかと思っているのですが、親の目が届かない平日の練習や陰でと陰湿、気付いてる親御さんも中にはいますが現場を抑えない事には言い掛かりだと言われる始末あせあせ(飛び散る汗) どうしたら良いでしょう。 我慢するしかないのでしょうかバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
アップルパイ
かーちゃんさん、アップルパイさん、コメントありがとうございます。少年野球の指導者の問題は、あっちこっちで聞きますね。私は、始めはいち選手の父でしたが、その後コーチになりました。父の立場とコーチの立場で見えたものは違いました。また、私のチームも10年前くらいに、監督らに問題があり、全員入れ替わったそうです。指導者の問題、ケースにより大きく意見も変わってくるところがあるし、根も深い。簡単には答えがでにくいですが、記事の中でコーチとして感じたことを書いていきますね。
管理人
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック