バッティングの上達のコツ

内角低めのバッティングの練習方法

ピッチャーの投球が低めに来ると、少年野球の選手の場合、そのボールに合わせて膝を曲げて姿勢を低くしがちですが、膝を曲げると体が突っ込み、「泳ぐ」形になり、力強い打球は打てません。

内角低めの打ち方としては、膝を曲げずにしっかりと伸ばして壁をつくった状態でバットを振りぬけば、下半身のパワーが伝わり力強い打球を飛ばすことができます。

また足元の低い投球に対して、上からたたいたり水平にスイングすることは難しいので、アッパースイングでバットを振り抜くように指導します。

膝を伸ばしたまま、充分にボールを引き付けてバットを下から振り抜きます。

内角低めのバッティングの練習方法としては、ティーバッティングで前えの突っ込みを矯正します。コーチが後ろからボールを出します。後ろから来たボールを打つ練習は、自然に軸足の重心がのり、体を捻る形になり前への突っ込みを止めてくれます。きちんとステップして打つように指導しましょう。

野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック