バッティングの上達のコツ

外角低めのバッティング

外角低めの投球は体から遠い分他のコースよりも長くボールを見ることができます。反面、腰の回転がしづらく、体のパワーを伝えにくいコースです。

少しでもパワーを伝えるためには、じっくりとボールを見て出来るだけ引き付けてバッティングをするように指導します。

基本的にステップした足はホームプレートに対して平行にピッチャーの方へ出していくのが基本ですが、外角のボールを打つ場合は、ホームプレート側へ踏み込んで打つことも大事です。

踏み込んでバッティングをすることで腰もスムーズに回転でき力強い打球を飛ばすことができます。

またバットが届きにくいところのボールを打つので重心をかかとに残しておいたのでは下半身のパワーを上半身に伝えることができません。ボールに対してバットを出しただけのバッティングになりボールに力が伝わりません。

しっかりつま先側に重心をかえて打つように練習しましょう。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック