バッティングの上達のコツ

ホームランと狙え!

少年野球のバッティングの指導方法です。場面に合わせてバッティングは色々な打ち方が必要です。

でも、きちんと基本が出来て選手の打順、「思いっきり行くだけ!」というときは豪快に行きましょう。

ホームランのような飛距離のある豪快な打球を飛ばすには、手打ちにならないようにし、軸足に体重をのせて打ちます。

つまりステップした足に体重をかけすぎると、腕だけのスイングになっていまいます。しっかりと軸足に体重をのせてバッティングをする指導をしましょう。

ミートポイントに向けては、腕は最短距離で動きますが、バットのヘッドを利かせ遠回りさせた方が遠心力が生まれ大きな当りを打つことができます。

気を付けたいのは、少年野球の場合は無闇に大振りをする選手がいます。腕の振りは最短距離であるのが指導のポイントです。

ピッチャーの投球したボールが来たら、軸足に体重をのせて体を回転させます。そして、そのまま大きく前に振りぬきます。

インパクトの瞬間はボールを押し込むようなイメージを持ったせます。またスイング中、手首を返そうとしがちですが、手首は自然と返ります。

フォロースルーでは、前に大きく振りぬけば手首が自然と返りますので、そのままフォロースルーをとるようにします。

フォロースルーの時にグリップの位置が肩よりも上に来るようにバットを振り上げましょう。

少年野球の試合、ここぞという場面、軸足の体重をため豪快なスイングでホームランを狙いましょう。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック