少年野球の指導方法(基本編)

コンパクトなスイングを身に付けるための練習方法

前回、少年野球の剛速球投手と対戦するときに、コンパクトにスイングがすることが大切と書きました。コンパクトなスイングを身に付ける練習方法を紹介します。

壁やネットの前に立って、その障害物と自分との間にバットを水平にはさみます。壁やネットからバットの長さ分の距離にバットを構えて立つことになります。

そしてそこで素振りをします。ドアスイングであればバットは壁やネットに当りますが、コンパクトなスイングで振りぬけば、バットは障害物にあたりません。

指導のポイントは、グリップを投球に向けるように先に出すようにアドバイスすることです。

手打ちでは剛速球に負けてしまいます。手打ちでボールを叩いても遠くへ飛ばすことはできません。

ミートポイントをピッチャー寄りにして、バットをコンパクトに出しボールにミートさせて、ミートと同時に腰を回転させます。

腰を回転させればバットも自然にスムーズに前に出て行きます。
壁やネットを利用した素振りでバットの軌道のイメージをつくり、ティーバッティングでフォームを固めましょう。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
これは言い情報を伺いました。さっそく試してみます。強い打球が飛ばないのでスイングにもんだがあるのだと思います。
ノーヒットの少年のパパ
バッティングのときですが、右バッターで左足をサード側に開くなと指導をしたりしてますが。インコースのボールは開かないと打てないと思うのですが、間違ってますか?腕をたたんで打つのは小学生には難しくないですかねー。
山際正典
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック