バッティングの上達のコツ

ファールの打ち方

ツーストライク追い込まれた場合、ストライクくさいボールをそのまま見送るわけにはいきません。ストライクくさいボールはできたらファールにしたいところです。

野球では「くさい球をカットする」といいます。少年野球のレベルアップを狙いたい選手はこの技術を身に付けましょう。

カットのコツは、最後まで軸足に重心を残しておくことです。できるだけボールを見ることで、ストライクとボールを見極めることができます。

そしてボールをホームベース上でミートすることでファールになります。それより前でミートするとフェアゾーンに打球が入る可能が高くなります。

ツーストライクとられ追い込まれた後、コーナーへ来たボールくさい投球をカットし、真ん中のあまいボールを待って思い切りスイングしましょう。

ピッチャーにとっては、ツーストライク後に決めにいったボールをカットされるのはとても嫌なものです。

特に少年野球ではペースを崩しやすく、ファーボールを出してしまったりします。ランナーが出るとさらにペースを乱す要因が多々あり崩れてしまうケースも結構あります。

カットの練習に挑戦しましょう!
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック