少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

ゴロに処理のフィールディング(少年野球)

「ゴロを捕る時に前に出ろ!」とよく言います。しかし、なんでもかんでも前にでれば良いというものでもありません。「前に出る」とはゴロの上がるタイミング(バウンドするタイミング)に合わせて前に出ることです。そうしてしないといくら前に出てもファンブルすることにもなります。

ボールのバウンドのタイミングに合わせて前に出る練習をさせることが指導のポイントです。

少年野球でゴロを上手く捕れない選手の多くは、ボールのバウンドに合わせて前に出ることが出来ません。

練習方法としては、バウンドの規則正しいイージーなゴロを手または軽いノックで出し、正しい構えからバウンドに合わせて前に出てキャッチするフィールディング練習を繰り返すします。

さらに効果的な練習方法としてグラブの変わりにスリッパを使います。スリッパをクラブをはめる手にして、イージなゴロを捕る練習を繰り返します。

これにより、
・クラブの芯でボールを捕れるようになる
・正確にバンドに合わせられるようになる
・もう片方の手を上からかぶせられるようになる
・正面でゴロを捕れるようになる
など良い面ばかりです。

とにかく少年野球では多いゴロの処理、基本を何度もフィールディングの練習しましょう。それが上達の近道です。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。