少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

バッテリー

2007年3月10日、少年野球を題材にした映画「バッテリー」が全国東宝系でロードショーが上映開始となりました。原作は1996年に刊行され800万部を越える大ベストセラー小説です。中学生の天才ピッチャー原田巧が野球を通じて家族や友達との関係を築き、心を通わせていく様子を描いた内容で、年齢、性別を越えて指示されています。私も先日、少年野球をやっている息子とこの映画を見に行きましが、映画館は本当に色々な年齢の人が見に来ていて涙していました。本当に感動する作品です。

ストーリーは、小学生時代に少年野球で活躍した天才ピッチャーの巧が、中学入学を控えた春休みに岡山県の新田市に引っ越して来たところから始まる。身体の弱い弟の青波のために、お父さんの転勤をきっかけに空気の綺麗な町に引越して来たのです。そこで地元の少年野球チーム「新田スターズ」のキャッチャーの豪と出会う。巧と豪、そして他の野球部員、クラスのマドンナ、顧問の先生、家族などが「野球」というものを切り口に色々な人間ドラマを繰り広げる。

ストーリーを話すと、これから見る方が申し訳ないのでこれくらいにして、感想をちょっと書きます。一番感動したのは天才ピッチャーの巧が自分を通すところだ。どんな時でも自分の信念を曲げない。自分の意思を最後まで通さない現代人が多い中、芯の強さの必要性を改めに学習させてもらった。まだ見ていない方は是非親子で見に行ってください。超おススメの少年野球映画です。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。