少年野球の練習方法

二塁送球の練習方法

少年野球のキャッチャーの守備の練習方法を1つ紹介します。まずキャッチャーの構えですがランナーがいる時とランナーがいない時では変わってきます。一塁ランナーが盗塁を試みたら、キャッチャーは二塁へ送球をしなければなりません。その為にはあらかじめ右足を引いておきフットワークを使ってコンパクトな無駄のない動きで素早く送球をしなければなりません。また二塁送球のポイントは、肘をしっかりと上げることです。その為にもボールは手の甲を上にしてミットから出すようにしましょう。手の甲を上に向ければ肘が上がり腕が自由に動きます。

次に二塁送球のコントロールを良くする練習方法です。ただ力任せに投げるにではなく、真っすぐに伸びるボールを投げることです。それには体の軸をまっすぐにし、オーバースローでしっかりと投げることです。右膝をついて、左足のつま先を真っすぐに二塁方向へ向けてオーバースローで投げる練習をしましょう。最初は短い距離ではじめ、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック