少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

ノックの上達方法

子供が少年野球を始めると「お父さん、野球を教えて!」という場面が来ます。そして一緒に練習をするとノックをする場面が来ます。そんな時は、ビッしとノックを決めて、守備練習の相手をしてあげましょう。「お父さん、野球経験がないからノックは出来ない・・」などと言わないであげてください。少し練習をすれば、少年野球の守備練習に必要なゴロやフライを打てるようになります。今回はノックの上達方法を紹介します。

ノックには右手でボールを上げる方法と左手でボールを上げる方法があります。(右ノッカーの場合)左手でボールを上げた方がコントロールをし易く、右手で上げた方が強い打球を打てます。ボールの上げ方は、自分が打ちやすいポイントから10〜15cm上の上げるのがポイントです。ゴロを転がすときは前足に重心をかけて、バットをやや斜めに上から下へ振リ下ろす感覚で打ちます。フライを打ちたい場合は、後ろ足に体重を残したまま、下からボールをすくいあげるように打ちます。外野フライの場合はしかっりと腰を入れて打つのがコツです。

少しノック練習を続ければ野球経験のないお父さんでも、簡単なゴロやフライが打てるようになると思います。少年野球の場合、難しい打球よりも、基本的な打球を正しい形で捕れるように繰り返し練習するのが上達のコツですので、基本的な打球を沢山打ってあげましょう。続けているとお父さんのノックと同時に、子供の守備力も上がってきます。守備が堅いチームは強いですよ!
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
最近は、ノックができる場所が少なくなりましたよね。学校は、サッカーを行ってるし、グランドは練習時以外は、鍵がかかっておりできないし。
キャッチーボールのみでも上達しますか?
子供へのルールは、どのように。
殿馬
殿馬さん、コメント有難うございます。もちろんキャッチボールだけでも上達しますが、ノックをしてあげた方が守備練習になります。グランドなど広い場所が使えれば越したことはないですが、狭い場所でも基本のノックができます。私は、学校の校庭と近所の狭い公園で練習していますが、その狭い公園ですら場所が空いていないときがあります。その場合はキャッチボールが出来るくらいの場所を使ってノックを打ちます。片手にクラブを嵌めておいて、片手でバットを持ち、軽く(コツンという感じ。テニスの球だしの様な感じ)で片手ノックを打ち、子供がそれを捕って返球するという練習方法をとります。毎日15分でも続けると、物凄くゴロを捕り送球するのが上手くなります。フライは、手で出した小さなフライでも、きちんと一歩前に出て捕るなど、工夫すれば狭い場所でも十分練習できますよ!ボール無しのシャドウでも良いので守備練習をすることを勧めます。
少年野球にはまった親爺(管理人)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。