少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の練習方法

少年野球での野球肘について

少年野球の場合、投球技術の基本を身につける以前に練習や試合で全力投球をし、肘を痛めるしまうピッチャーも少なくありません。野球肘です。特に小学生は成長期にあるため、骨の成長に筋肉が追いつかず、筋肉の柔軟性が低下することも影響するようです。投球動作により、肘の内側を引っ張る力、外側に圧迫する力が加わるため、投球動作特有の障害が生じてきます。あまり肘の内側に痛みがあると、その内側の骨が欠けてしまう障害「剥離骨折」がみられることもあります。また、外側が痛い場合にはそこにある軟骨が影響を受けている障害もありますので、痛みを感じるようでしたら、専門医に見てもらいましょう。最近はスポーツ専門のマッサージや接骨院などが増え、保険が効く医療機関であれば治療費も低下で専門的な指導受けられます。

ピッチャーの投球練習の球数の話ですが、一概に何球とは言えません。個人差があるからです。日本臨床スポーツ医学会の「小学生の場合、全力投球は1日50球以内、試合を含めて週200球を越えないこと」という提言もあります。

少年野球のピッチングの練習方法のポイントは、あくまでも正しい投げ方を先に覚えさせることです。正しいフォームを身に付けてから全力投球の数を増やしていきましょう。正しいフォームを身に付けることで故障を回避でいますし、スピード、コントロール共に向上します。正しいフォームを身に付けるには、タオルを使ったシャドウピッチングの練習方法を多くとり入れると効果的です。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
6年生ですが、肘が痛いと言うので接骨院で見てもらい投げ方を肘から出し手を振り切る投げ方を教えていただきました。グランドで別のコウチが肘からじゃなく手首から出せ!と言うわれました。昨日からまた、肘が痛いと言うてます。息子も私も細かい所がわかりません。基本の投げ方をアドバイスください。センターをまもっています。宜しくお願いします。
たっくん
まず、子供が「痛い」と言ったら絶対に投げさせないことです。スポーツ専門医者の助言に従うのが一番。投げ方の話。昨年、元プロ野球の選手と話をしたところ「正しい投げ方」であれば、絶対に故障しないと言っていました。「肘が痛い」「肩が痛い」という選手はどこか投げ方に悪い部分があるはずです。まずチェックしてほしいがテイクバックです。少年野球の選手はテイクバックが出来ていない場合が多いです。一般的にテイクバックが正しく出来ていると自然に手が振れます。テイクバックが出来ていないのに、思った所に強いボールを投げようとするから、肘、肩を不自然に使うことになり故障します。テイクバックの位置を説明します。仮にマウンドにいるとし、ホームベースとセカンドベースを結ぶ直線があるとします。ボールを投げようと手を引いた時に、両肩、両肘がこの直線上にあること。そして高さが同じこと。ボールを持った手は甲が上の向いていること。この3点を確認してください。肘は角度が付いていてもOKです。角度が付いていれば、右投げであれば、ボールをショートの位置あたりに見せるようになりますし、角度が付いていなければ、セカンド上にボールを見せるような状態になると思います。角度はポジションや個人差で変わってきます。プロ野球選手でも、これが出来ていないため、投手で入団したのバッターに転向していくケースがあるようですよ。
少年野球にはまった親爺(管理人)
補足です。少年野球の場合、テイクバックの際に肘が入り過ぎている場合が多いです。体が小さいの強いボールを投げようと、肘を引くからです。肘を引き過ぎていないかチェックしてください。両肩、両肘は、ホームベースとセカンドベースを結んだ直線上にあることです。
少年野球にはまった親爺(管理人)
まぁとにかく投げないことですね
無名
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。