少年野球の練習方法

トップを作る練習方法[少年野球のバッティング]

バッティングのトップの位置で悩んでいる少年野球の選手へ、トップを作る練習方法を紹介します。やり方はトップの形を作りながらゆっくり歩きます。自然に無意識のうちに正しいトップの形が作れるようになるための練習方法です。トップの時に一瞬止まりしっかり形を作りながら歩いて進みます。出来るようになったら、3回目のトップの形の時にスイングをしてみてください。自然にスイングを始動する感覚をつかむことが出来ます。

次にトップの形を作った状態で、上から落ちてくるボールを打ちます。ボールが落ちるのを見てからスイングをするため、バットが遠回りしても、スイングスピードが遅くても間に合いません。出来るようになるまで、ボールを落とす位置を高くして、徐々に低い位置から落とすようにします。
このような練習をすることで、正しいトップの形が出来ているか、また、自然に最短距離でバットを出すことが出来ているかをチェックすることが出来ます。充分に力を溜めることが出来ていなければ、スイングの始動時に無意識に反動を取るためにバットの出が遅れてしまいます。自分に適したトップの位置をこの練習でつかんでください。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック