少年野球の指導方法(基本編)

少年野球は焦らずに指導する

少年野球時代にどんなに野球が上手でも、中学生、高校生になって、さらに上手になるとは限らないものです。いや、逆に少年野球の低学年の時上手だった選手の方が、その後伸びないといった話も時折耳にします。その理由として、本人がすっかり天狗になってしまい、素直に周囲のアドバイスを聞けなくなったとか、指導者が期待をかけ過ぎていい気にさせてしまったとか、チームの勝利のために基本もしっかりとできたいないのに酷使してしまったとか、色々な要因が考えられます。

そこで、お父さんコーチとして、子供が上手くならなくとも、けして焦ったり、諦めたりしないでください。お父さんが焦れば、子供も焦り、「自分は駄目なんだ」と思い込んでしまいます。

子供が一生懸命に野球に取り組んでいるうちは、お父さんが横で見守りながら支えてあげましょう。横で見守り支えるということは、少年野球の上達に必要な基本動作を身に付ける為に、構え方、キャッチボール、フットワーク、簡単なゴロの捕り方など野球の基本練習の相手になってあげながら、成長を見守ってあげることです。基本を繰り返し練習していると花が咲くときが必ず来ます。指導のコツです。また、しっかりと基本を身に付けることを覚えることは、将来野球以外でも役に立つ時が必ず来ますよ!成功のもとです。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック