少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

動きながらキャッチボールをする

プロ野球の横浜ベイスターズに高木豊という名内野手がいました。その高木豊さんが少年野球キャッチボールを指導している場面。「キャッチボールは動きながらボールを捕球し投げること。」と言っていました。体が止まった状態でボールを捕球し、投げることは、野球の実際の試合中ではない動きです。試合の中では、必ず動きの中でボールを捕り投げます。だから、普段の練習の中でも、動きながらキャッチボールをすることが大切です。その動く感覚を見に付ける練習方法をいくつか紹介します。

■走って行って素手でフライを捕球する
走って行って、丁度追いつくあたりに小さなフライを投げてもらい、素手でそのボールを捕球します。ポイントは素手でキャッチをするところ。なぜ素手でキャッチするかと言うと、クラブをしているときより集中力を必要とするからです。
[練習方法]
1.スタートの構え
2.投げられたボールを追ってダッシュ
3.ボールに集中し素手でボールをキャッチ

■走りながらキャッチボールをする。
キャッチボールをやることには変わりありませんが、お互いに同じ方向へ走りながらキャッチボールをします。走るスピードをゆるめにし、感覚を覚えたら徐々にスピードをアップします。
[練習方法]
1.二人一組でキャッチボールの間隔をとり、スタートラインに並ぶ
2.同時にスタート
3.足リながら交互にボールを投げ、キャッチボールをしながら走る。

■3対3ででのキャッチボール
3人対3人のグループに別れ、タテに並び、普通のキャッチボールのように、両グループが向き合います。3人のうちの一人が、向こう側の3人の先頭に向かってボールを投げます。ボールを投げたら自分の列の後ろに並びます。次の子供がボールを受けます。ボールを受けた人は、相手の次の先頭に向かって投げ、また同じように列の後ろにつきます。このように投げて来た相手と違う相手に投げ返し、動きながらどんどんキャッチボールを繰り返します。
[練習方法]
1.3人ずつのグループに別れ、タテに並び向かい合う
2.ボールを投げたら列から抜け、後ろに並ぶ、
3.自分の番が着たらボールを受け、相手側の次の子供に投げる。

子供達は止まった状態でキャッチボールをしがちです。動きの中での捕球、送球の感覚と身に付けましょう。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38503671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。