少年野球の指導方法(基本編)

少年野球とプラス思考

少年野球の試合中で「高めのボールを振るな!」「ファーボールを出すな!」「エラーをするな!」とベンチで怒鳴りまくっている指導者を見かけることがあります。「〜〜するな!」という言い方は、人間の潜在意識に入ると、「高めのボール」「ファーボール」「エラー」へ意識が向きます。すると、どういうことが起きるかというと、ついつい高めのボールを振ってしまったり、ファーボールを出してしまったり、エラーをしてしまいます。「〜〜するな」という言葉で体が萎縮してしまうのと、その悪い結果へ意識が向いて、そのことを考えてしまうからです。同じことを言うにしても。「真ん中のボールだけ打て!」「キャッチャーのミットだけ見て投げろ!」「リラックスして積極的にプレーしろ!」といった指導方法の方が、子供達はのびのびにプレーし、良い結果が出る場合が多いです。指導者としては、プラス思考の言葉使いを心掛けたいものです。マイナス思考では、少年野球がつまらなくなってしまい、チームを辞めたくなってしまう子供もいるくらいです。試合でも練習でも、選手達がプラスイメージを描けるように心掛けたいところです。
野球用品専門店スワロースポーツ
野球打撃練習用品やグラブなど多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック