少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(ピッチャー編)

ピッチャーのフィールディング

少年野球においてピッチャーのフィールディングは大切。軟式の少年野球の場合、ボールが弾み取りにくいピッチャーゴロが結構来ます。ボールが弾むため、無難にさばいても、一塁がアウトになるか?ならないか?のタイミングのバウンドもあります。絶対絶命のピンチもフィールディングの良さで乗り切れる場面が必ず来ます。その時に備えて普段から練習をしておきましょう。

ピッチャーは投げ終わったら、素早く打球に備えなくてはなりません。どの野手よりもバッターに近い位置にいるために、強烈な打球も飛んで来ます。また、一塁への距離は一番近くに守ることになるので、慌てずに打球を止めるくらいのつもりで処理をするように指導します。フィールディングが良くてセンター前に抜けそうな打球もピッチャーライナー、ピッチャーゴロに打ち取ってしまえば、自らのピンチを自ら救うこともできます。また少年野球の場合は、バント処理をするケースも多くあると思います。しっかりと投球した後、バッターがバントの構えをしらら、素早く前進し、バント処理に備えましょう。練習方法としては、シャドウピッチィングで投球の後、前進する練習をします。コツが掴めたら、実際にバッターに立って貰って、バントをしてもらい、バント処理の練習を繰り返しましょう。指導者としては、キチンと投球をしてからバント処理に素早く対応できているかをチャック。投球を疎かにし、焦ってバント処理に走っていないか?それを確認します。あとは、一塁のベーズカバーや、ピッチャーゴロやライナーでダブルプレーを取るフィールディングなども身につけましょう!ひとつひとつフィールディングを覚えましょう。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40173855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。