少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

バッティングと力み

バッティングでは、ボールを捉えるインパクトの瞬間、ボールを当てるポイントに力を凝縮させます。そのためにはインパクト以前に余分な力を入れないことが大切です。少年野球の試合でも、バッターボックスで無理に強振し、監督やコーチから「力むな!」とアドバイスされる光景を良く見掛けます。野球に限らず、スポーツでは力むと良い結果は生まれません。力むとは、余分な力が入っている状態をいいます。構えている時に、トップに入った時に、インパクトのスイング時に、身体のどこにも力みがなければ、インパクトの瞬間に全ての力を込めることができます。特に、グリップや腕、肩に力が入った状態で構えたり、バックスイングしたりすると、上半身だけのスイングになり、肝心の下半身がぐらついて、腰のリードと回転がなくなり、力を入れたわりにスイングスピードのない振りになったり。スイング軌道が遠回りしたり、波打つようになってしまいます。ウェイトを軸足に乗せてトップに持っていき、リラックスしてボールをもつことを習慣づけましょう。力みをなくし、リラックスする1つの方法として、バッティング前に大きな複式呼吸をしたり、肩を軽く上下させたりしてみると良いでしょう。複式呼吸と同時に悪いイメージは捨て、良いイメージを作り、リラックスしてバッターボックスに入りましょう。
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40490760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。