少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(基本編)

強豪チームの強さの秘密

ある強豪の少年野球チームの話です。このチームと試合であたった時のことです。「これだけ強いチームだから、監督は物凄く厳しいのだろう!」と思っていました。でも、この監督は厳しいだけではありません。やさしいのです。試合中は、「明るく楽しく野球をやろう!」と子供へ声を掛け、選手を褒めてばかりです。それに選手達を物凄く信頼しています。ある時プライベートでこの監督に合ったことがあります。そして聞いてみました。「なぜ、そんなに強いのですか?」と。すると応えは、「いやー、子供達の頑張りです!」の一言でした。子供達を信頼して、やさしく指導していることが常勝のひとつの秘訣のようです。少年野球の選手達にやさしく教えるとは、「優しく」という意味と「易しく」という意味が含まれていると思います。何しろ相手は子供です。「こら!何をやっているんだ!」などと怒鳴っていたのでは、身体が萎縮してしまって、ますます動かなくなってしまいます。また、いきなり「バット角度を保って、ヘッドを残して打つんだ…」など難しい技術論を説いても、子供達は理解ができません。良く分からずに怒られれば、野球が嫌いになるだけです。

そして、子供が一生懸命やっているプレーに対しては褒めてあげることが大切だと思います。良いところを見つけて褒めてあげます。子供だって褒められたからといって、「完璧だ」とは思わないでしょう。褒められることによって「よーし、もっと頑張ろう!」と思うものです。こうなると前向きに取り組んでいますからアドバイスをしても、上達が早い!指導のコツかもしれません。その強豪チームの話に戻ります。強豪チームなので試合には出れないで、いつもベンチをあたためている選手がいます。その選手がある日のこと、つき指をしてしまいました。そして、練習がある日曜の朝、お母さんが「つき指で練習できないから練習を休めば・・」と言ったそうです。でも、その選手「いやだよ!絶対に練習にいくんだ。練習に行くと、よく来た!と行くだけで褒められて、野球が楽しいから!」と言ったそうです。

この間、平日の午後、地区のスーパーで、ユニホーム姿のそのチームの監督を見かけました。レジを済ませてジュースを20本くらい袋に詰めていました。きっと子供と練習するのでしょう。そのうしろ姿に強豪チームの強さの秘密を見た気がしました。少年野球の指導のポイントは、「優しく」「易しく」そして、時には「厳しく」といったところでしょうか?
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41946222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。