少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球の指導方法(ピッチャー編)

コントロールを良くする方法【肘】

少年野球のシーズンど真ん中、各地で熱戦が繰り広げられているかと思います。我がチームも順調にベスト4進出を果しました。これからが勝負処です。こんな時期なのでよく貰う質問がピッチャーのコントロールに関することです。もちろんピッチャーだけでなく、他のポジションでもボールを投げたいところ正確に投げる必要があります。今回から時折、コントロールを良くするために必要な指導や練習方法の記事を載せていきたいと思います。今回は、『肘のテイクバックの位置』についてです。

ボールを投げる時と、利き手にボールを持って肩を視点にテイクバックに入ります。ここで大切なのが、気持ち親指を内側に入れるように、肩を視点に肘を引きます。昔の水銀の体温計をイメージしてください。体温を測った後に、水銀を下がるために体温計を振りますよね。その感覚です。その感覚で始動し、肩を視点に肘を肩と同じ高さまで引きます。もちろん両手で始動することになりますから、両肩、両肘が同じ高さになるようテイクバックします。ここが重要です。引いた肘が肩より低かったり、高過ぎたりすれば、故障の原因だけでなく、コントロールが悪くなります。そして、もうひとつ重要なのが肘を引き位置です。両肩、両肘が一直線上になるようにします。少年野球で多いのが、利き手の肘を引きすぎてしまうことです。そして、肘を引いた時、すなわちテイクバックが完了した時、ボールをショートからセカンドの方向へ見せるような形になっているかも確認してください。。間違っても、ボールが上の向くようなテイクバックはしないように指導します。手の甲は自然な形で上を向きます。下の図で説明します。下手な図で申し訳ないのですが、ピッチャーを上から見た時の図です。、番号1〜4までの肩、肘がほぼ一直線上にあるようにします。手の甲は上の向きます。

この利き手のテイクバックの位置が正確であれば、腕が肘から出やすくなり、自然と正確に腕が振れます。元プロ野球選手に聞いた話ですが、プロ野球に入ってくるような選手でも、この正確なテイクバックができずに、故障しピッチャーから野手へ転向していくそうです。正確なテイクバッグをマスターするためには、まずはボールを使わずに、タオルの先結んでシャドウピッチィングをします。ゆっくりでいいので正しい肘、腕の使い方ができりうようになるまで繰り返し練習します。慣れたら少しスピードを付けてシャドウピッチャングをします。それができるようになってから実際のボールを使って練習するようにします。焦らずに根気良く正しい腕の振りをマスターしましょう。
※少年野球の試合期間中には直さないことをススメます。肘の使い方を変えれば当然一時的にコントロールが悪くなったりすることがありますので考慮してください。
少年野球の始動(肘の使い方)
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
いつも昼休みに会社で読ませていただいています。
5歳の息子の父です。
背後から見たイラストを追加していただいたらわかりやすいのではないでしょうか。
お子様に実際上記のフォームでボールをもたせて、掲載されたほうがいいのでは?
現在息子を野球好きにするために、あのてこのてを考えていますが、私があまり野球をやってこなかったので、指導方法を参考にさせていただいています。
山田太郎
山田さん、こんにちは。いつも読んで頂き有難うございます。また、貴重なご意見も聞かせて頂き参考になります。徐々にですが、分かりやすい表現にアレンジしていきますので、今後とも宜しくお願いします。少し前までは、文字だけのブログでしたが、最近パソコンのデザインソフトを習得しはじめました。下手ですが、徐々にイラストを書くようにしています。しかし、このデザインソフト、素人には結構難しく悪戦苦闘していたりします。少しずつ改善していきますよ!
少年野球にはまった親爺(管理人)
山田さん、私はNHKアニメメジャーの幼稚園時代の2時間スペシャルを一緒に見ていたら,子供がハマってしまいました。私もドカベン、キャプテン等の野球マンガが記憶に残っています。やはり子供の楽しい思いに勝るものは有りません。そし知っていましたらすみません。
いわき まさみ
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。