少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


少年野球コーチの戯言

少年野球の秋の大会

先日、少年野球の秋の大会のトーナメント表が送られて来ました。暑い夏、選手達はどう過ごしてきたのでしょう?子供達の日焼けした顔をみると指導する立場としても、『元気良く野球して、そして元気良く遊んで来たんだな!』となぜかひと安心。

でも、ここは気を引き締めて、目の前に迫った少年野球の総決算、秋の大会に向けて練習をしていこうと思っています。

我チームのメンバーを見ると、急成長した選手、課題をクリアした選手、あまり変わっていない選手、色々です。でも、ここは1つの節目、それぞれの選手を、これからどう仕上げて、チームをまとめていくか?秋の大会に向けて、指導ポイントをチェックしたり、色々練習方法を練っています。

うちのエースの話。夏の間は、いくつかの選抜チームに参加しました。監督もコーチも仲間のメンバーも違う。対戦相手も、地元以外か地方のチーム。新しい環境で野球をして、いくつか新しいもの掴んできた様子です。

今までとはピッティングが少し変わりました。間合いの取り方、体の使い方、自分なりに考えて新しいものを吸収してきた様子です。ボールに切れが出できました。秋の大会は期待しています。

お父さんコーチとしては、相変わらず基本練習の相手がメインでした。夏の間も繰り返し繰り返し、バッティング、ピッティング、守備の基本練習を繰り返しました。野球の基本が固まると、選手達は自分で応用技術を探して、身に付けてくるんですね。

そんなことをふと思った夏の終わりでした。また、秋に向けて少年野球の練習方法や指導のポイントを紹介します♪
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53392256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。