少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

甲子園球児になるための9つの方法
どこの少年野球チームに入り、どんな練習をして、どこの高校を目指せばいいのか?
rakuten.co.jp


野球用品・本・DVD

少年野球のバットの選び方

少年野球のバットの選び方について質問を受けましたので、今回はこれをテーマに記事を書きます。

■質問内容
早速、相談なんですが教えて下さい。今、バットで悩んでいます。息子の身長138センチ、体重40キロです。今は74センチ530グラムのバットを使用しています。周りは178センチのバットを多く使用していますが長さ的には長いのではないかと思っています。私が息子の素振りを見ている感じだと、もう少し重いバットでも良いのでは?などと感じていて76cm550グラムぐらいが良いのではなどと考えてしまうのですが、今のバットで良く打てている事を考えると悩みます。バットの切り替え時期や選び方、または練習時などでの使い分け方などがあるのであれば、是非教えて下さい。よろしくお願いします。

■少年野球のバットの選び方について
軟式用バットということで話します。私も野球経験は中学からなので、小学生の息子が少年野球をはじめたころは、「どんな野球用品を選んでよいのか?」迷ったこともありました。とりわけバットに関しては、私の子供の頃と違い、種類も素材も豊富で分からない点もありました。

そんな状況だったので、当時、野球用品の専門店に出向き話を聞いたり、少年野球チームの監督やコーチに聞いたり、お父さん同士で情報交換しました。

集めた知識をお伝えします。まずはバット選びの基本知識です。

▼バットの長さ
バットの長さは重要です。(我チームの場合ですが)少年野球の場合、先を考えて長すぎるものを買ってしまう子供が多いようです。適切な長さのバットの購入をススメます。

バットの長さは、腕の付け根から指先までの長さを測って、その長さに1.3を掛けた数字が目安になります。例えば、腕の長さが60cmであれば、60 x 1.3 = 78cmとなり、78pくらいのバットを選べば良いということになります。

▼バットの重さ
野球用品店などでバットを握ってみますバットの先を軽く振って、重さで腕や上半身の筋肉が張るようでしたら、少し軽めのバットを選びます。

▼バットのタイプ
短めでグリップが太いバットは、握力が少し足りなくとも、スウィングをした時に手首が返りにくいので、ミート率が上がり、短打狙いのバットです。逆に長めでグリップが短ければ、バットのヘッドの遠心力を使って長打が狙いやすいバットです。

▼グリップの感触
金属製のバットは、木製バットのような材質の違いによるしっくり感は関係ありませんが、グリップを握ったときに、自分の手の平の中でしっかりと摘めるバットを選びます。

▼軟式少年野球用バットの種類
アルミ製、ジャラルミン製、カーボン製、カーボン+グラス+ウレタン製、木製などがあります。自分の好みで選択します。

▼少年野球バット選びのポイント

まず、最初にチェックが必要なのが規格です。自分の子供が参加している少年野球の団体に合ったものが必要です。例えば、私の所属している少年野球チームの所属団体は2つありますが、1つの団体は、"ビヨンドマックス"のような素材を使ったバットを禁止しています。

この間、野球専門店の方との話。軟式野球連盟などではビヨンドマックスの様な素材のバットの大会使用を禁止する傾向にあるとのことです。「確かに飛びが他の素材のバット全然違いますが現在おススメはできない」と店員の方は言っていました。

我が家のバット選びについて話します。バットは結構買い替えました。グラブは革紐などを修理したり、手入れをすれば長く使えますが、バットは技術や身体に合ったものが必要だったので買い換えました。

素材としては、カーボン製、ジュラルミン製、ビヨンドマックス、木製などを購入しました。長さも購入時点の身長に合わせて買い換えました。

少年野球を始めたころは、入門用として一般的だと思うのですが、アルミ製とカーボン製のバットを買いました。その後、バッティング技術が上がってきて、「もっと遠くへ飛ばしたい!」と子供が言うもので専門店で相談。

専門店いわく、「アルミとカーボン製のバットは比較的扱い安く少年野球では最適ですが、もっと飛ばしたいのなら、硬式素材の入ったジュラルミン製がおススメです」といわれました。

アルミとカーボンは扱い易いのがメリットですが、ボールを打ったときに、ボールとバットが当っている時間が一定なので、ある程度の飛びしかでないとの説明でした。

ジュラルミン製は硬式素材が入っているので硬く重いです。ジャラルミン製は素材が硬い分、バットとボールが当っている時間が長く、結果ボールの飛距離がでるということでした。

我が家では、低学年の頃は、アルミ製とカーボン製を使用し、高学年になってジュラルミン製を主に使ってきました。

そして、6年生の夏、上部大会へ出場すると、技術だけではカバーできない部分がありました。ビヨンドの飛びがやっぱり凄い。最後は結果重視でいこうとビヨンドを購入しました。

お父さんのお小遣いも減り出費は痛かったですが、毎日練習するし、土日はレジャーに出かけるわけでもなく少年野球の練習なので、その都度身体にあう長さ、重さ、素材を選択しました。

また、ティーバッティングの練習などでは、近所への騒音を加味して木製のバットで練習しました。また、高学年になってパワーが出てからは、実打可能のトレーニングバットも利用しました。

最後に、野球選びのコツですが、色々実際に触れてみると良いと思います。実際に触っているうちに、自分にしっくりくるものが見つかると思います。

毎日練習をしているのも凄いし、ホームランも凄いですね。少年野球頑張ってください。応援しています♪
野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp

この記事へのコメント
少年野球にはまった親爺様
質問回答ありがとうございます。
素人の私でも、とてもわかり易い説明で本当に感謝しています。早速、息子の腕の付け根から指先までの長さを測ってベストなサイズを確認しようと思います。
その結果を踏まえて、息子と一緒に実際のバットに触れて今の息子にとって最高な一本を二人で選びたいと思います。確かに、父のお小遣いは圧迫されますね〜(汗)。でも、野球を楽しんで輝いている息子の笑顔は、お金には代え難いものがありますよね。バット購入の際はご報告いたします。本当にありがとうございました。
少年野球の父
少年野球の父さん、息子さんと一緒に少年野球頑張ってください。少年野球には、本当のお金では買えない宝物がありますよ♪同感です。ホームラン期待しています。息子さんに伝えてください!
少年野球の父
分かりました
l,lmmm,m
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。